子どもの安全どう守る!?昔と今じゃ違い過ぎる子どもの防犯の考え方。

   

こんばんは☆
KANAPYONです♪

先日、新入生に配られた防犯ベル。
すぐに壊して帰ってきた次男(;゚Д゚)
ランドセルに着けてたんだけど無理矢理引っ張っちゃったみたい。
今は防犯ベルなんて当たり前に配られる時代。

みなさんは自分の身を守るため、子どもにどういった指導をしていますか?

先日悲しい事件が起きましたよね。
小学生3年生のレェ・ティ・ニャット・リンちゃんが行方不明になって、その後遺体となって発見された事件。
容疑者とされているのは小学校の保護者会会長であり、登校を見守ってくれていた「見守り隊」の方でした。

まだ黙秘を続けているため真実は分かりませんが、これが本当だとすると、今まで子どもには「知らない人にはついて行ったらダメだよ!」って教えていたけれど、顔見知りの方でも安心できない時代。
身を守るためにどうしろと教えてあげればいいのか分からなくなってきました。

私が小学校の頃は地域のみんなで集まって一緒に通学する「集団登校」でした。


高学年のお兄ちゃんお姉ちゃんたちが一番前で旗を持って班長さんをやってくれ、一番後ろでは小さい子どもたちを見守りながら歩く副班長さんの役目もしてくれていました。
でも最近は集団登校する学校が少なくなってきているみたいで6割程度だそうです。
1番多いのが保護者による見守り。
集団登校が少なくなってきている理由は、

〇集団登校している列に車が突っ込むなどの事故が多発したため
〇少子化で近所で班を作ることができないため
などが挙げられるそうです。

うちの小学校は住宅街の中にあり、集団登校ではありません。
朝は1人で登校させるのは怖いので、近所のお友達と数人で登校している子が殆どですが、中には1人でトボトボ歩いている子どももいます。
交通当番の保護者の方たちが危険な所に立っていてくれて、その点は安心できるのですが、そこまで辿り着くまでは1人の時間ができてしまう子もいます。

下校もできるだけ同じ方角のお友達と帰るように伝えていますが、やっぱり1人になる時間がどうしてもできてしまいます。
だから知らない人について行ってはいけないことや、何かあったら防犯ベルを鳴らすこと、大声を出すことを教えてきました。
でも、今回の事件のように、相手が知っている人だったら子どもはどうするだろう。。。
近所の顔見知りのおじちゃんが「ランドセル重いやろ?乗って帰るか?」って言ったらうちの子きっと乗っちゃうと思う。

逆に自分の子どもを車で迎えに行くことがあったときに、お友達が乗せて帰って~って言ってくる子もいるのでそういう場合は乗せて帰ったりしていました。
でもそれってやっぱり危険な行為なのかな。。。
知っているお友達だし、通り道だし、う~んなんだか難しい。。。
乗せて帰って事故った場合のことを考えるとやっぱりいけない行為なのかなとも思うんだけど。。。

それからもう一つずっと気になってる問題が。


SOSかけこみ110番といって、かけこみ110番のステッカーと三角ポールが立っているお家やお店には、何かあったら子どもたちが助けを求めることができるようになっているのですが、丁度子供たちが下校してくる時間滞にお留守なお家が多いんです。
幼稚園の役員をやっているときに、SOSかけこみ110番に登録しているお家やお店の調査を1軒1軒したのですが、本当にお留守のお家が多くて正直びっくりしてしまったんです。
これじゃ、子どもが危険な目にあって助けを求めても全く意味がない。。。

多分、住宅街だから、大きな声を出せば誰かは出てきてくれると思うのですが、果たしていざという時に大きな声が出せるのかどうかも心配ですよね。。。
残念ながらうちの住宅街にも不審者情報はあります。
私が中学、高校の時も数回車がゆっくり近づいてきて、送って行こうかと言われたり、〇〇さんの家に行きたいんだけど車に乗って案内してくれない?と言われたりといったことがあったし、その中の1人は目の前の家に庭の工事に来ていたお兄さんで、当時は電話帳に電話番号も載せていたので電話までかかってきて怖い思いをしたこともあります。

昔は当たり前のように持ち物にも名前を書いていました。


でも今は安易に持ち物にも名前を書けなくなってきました。
2年間行方不明になっていた女子中学生が保護された事件は、女子中学生の自宅の玄関に置いてあった傘から名前を把握して連れ出した犯行でしたよね。
普通に上履き袋、レッスンバック、体操袋なんかも名前を書いてあるけど、名前を書いてあるほうを裏返して持って帰りなさいって言ったって子どもは忘れちゃうし、名札もそのままに登下校しています。

ちょっと前に住民同士の挨拶を禁止することを決めたマンションの話がありましたよね。
それも「子どもを犯罪に巻き込まないため」と、「挨拶をしても挨拶が返ってこないから不愉快だった」という理由からでした。
挨拶なんて基本の基本でしょうが!

なんだか本当に住みにくい世の中になってきました。
ずっと子供たちの登下校についていくわけにもいかないし、学校から帰ってきて、遊びに行ってくると言う我が子を止めるわけにもいかないし。
知らない人にはついていくな、知っている人にもついて行くな、挨拶はするな、名前は裏返せ。。。
こう教えたらいいの?
子どもの防犯の考え方を見直ししたほうがいいのだろうけど、どう教えたらいいのでしょうねぇ。

とりあえず防犯ベルを直して次男に持たせなくては。。。

だけど、ランドセルにつけるのはNGみたいですね。
防犯ベルの正しい使い方は、

目立つ色の防犯ベルをすぐ鳴らせる位置につけるor手に持って、「持っているアピール」をすること。
何かあったときはベルを鳴らして遠くに放り投げること。

防犯ベルを持っているアピールをしていると狙われにくくなることと、身に着けているままで鳴らしたら壊される可能性があるので遠くに放り投げて鳴り響いてそちらに気を取られている間に逃げるのが正解だそうです。
ご参考までに~♪

 

読んでくださってありがとうございました💛
にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

 - 子育て , ,