どうなる?大好きなゲームを使って生活改善できるのか?

      2017/06/08

ご訪問ありがとうございます(⋈◍>◡<◍)。✧♡
KANAPYONです☆

以前、子どもへのゲームの影響は?ゲームとの上手な付き合い方というBLOGを書きました。
調べてみると、ゲームってやり過ぎるとやっぱりよくないことばかり。
でも上手に取り入れることができればいい面も沢山あるってことが分かりました。
運動能力や動体視力、脳機能の向上などの他にも、生活への満足度が上がるということ。
すぐに効果が現れないものばかりだけど、最後の生活への満足度が上がるということに目をつけて、他にもゲームを使って子供たちの生活をいい方向に持っていけないかな~って考えました。
そこで、あのBLOGを書いてからすぐに、我が家のゲームのルールを変えてみました♪



 

生活改善するためにゲームを使ってみる

こう書けば聞こえはいいですが、要は日頃の母のイライラを、ゲームを餌に使って改善させてやろうじゃないかっていう話なんです(笑)
うちの3兄弟、上2人はこども手帳を使って朝の準備はわりとスムーズにいくようになりました。
最近こども手帳、サボり気味なんだけどね(;^_^A

じゃあ何がイライラするかって言ったら学校から帰ってのお話です。

母の憂鬱☆イライラの原因は?

1.幼稚園リュック、ランドセル、帽子などを片づけない
子どもたちが帰ってきたらリビングの床にポ~ンと荷物と帽子を放りだし、手洗いうがいしてまずはアイスを食べる!
そして「ママ、見て見て!これ作ったよ~」と大量の折り紙を見せてくれるのはいいけど、それもしまわず床へポイッ。
いくら掃除をしていても、一瞬にして泥棒が入ったようになります。

2.宿題は後回し
お友達と遊ぶ約束をしているなら、まあ待ち合わせ時間があるようだし仕方がないとしても、何もない日にも遊びを優先する子どもたち。
そしてギリギリになって「あれ?宿題のプリントがない!!」と言ってみたり、学校の宿題だけじゃなく習い事の宿題もあるので、思った以上に時間がかかって寝る直前まで宿題をしていたり。
で、慌ててやるもんだから字が汚いったらありゃしない(; ・`д・´)

3.夜ご飯を食べるのが遅い
これは夜ご飯に限らず全般的に食べるのが遅いんですが、まぁ、ダラダラ食べるんですよ。
食器の片づけとか早く終わらせてゆっくりしたいのに全然片付かずイライラ。。。

4.後片付けができない
これは後片付けしないのではなく、時間がなくてできないんです。
夜ご飯を食べるのが遅い上に、お風呂に入ったり寝るギリギリまで宿題をしているんですもん。
散らかし放題のリビングを片づけるのを待っていたら寝るのが遅くなる~(-_-メ)

5.時間を守れない
ゲームに関しても、テレビに関しても、「もうおしまいの時間だよ~」って言っても返ってくる答えはいつも「ちょっと待って~!」。
あっ、「ちょっと待って」って私の口癖だわ。。。と気付くんだけど、言われると腹が立つんよね(笑)
私も言わないようにします。。。
「ここがクリアできるまで待って。」「今セーブできんとこだから待って。」等々何かと理由をつけてはすぐに電源を切ろうとしない(; ・`д・´)

6.喧嘩になる
3兄弟だと、ゲームによっては一緒にできなかったり、やりたいゲームが違ったりするので喧嘩が絶えません。
思い通りにならなくて腹が立ってくると、まだ途中なのに電源をぷちって切ったり、言葉はよくないけどわざと相手を殺しちゃったり。

1~4までは、きちんとこども手帳をしていれば上手くできていたことばかりなんだけど、こども手帳への興味が薄らいでしまった長男、次男。

やっぱりあれは女子向けだったのかなぁ。。。

イライラの原因をゲームのルールにしてしまおう

さあ、ここから大人の悪賢いところを見せますよ♪

 
【以前のルール】

☆ゲームができる日は、学校がお休みの日&パパがお休みの日

☆ゲームは1日2時間まで

☆喧嘩はしない

イライラの原因が改善できるようにルールにしてしまいましょう。

 
【新ルール】

☆ゲームは1日1時間

☆必ずやるべきことを先にする

☆3人で計画を立てる

☆時間が来たらすぐに止めよう

☆なるべく「ゲーム」=「学習時間」

☆パパのお休みの日はゲーム以外で遊ぼう!

これが守れなければゲーム没収です!
ハイ、ほぼルールと言う名の脅しですな!

写真の最後に「ケチケチおにママより!」って書いていたのに、いつの間にが「やさしいびじんママ」に書き換えてくれていた次男。
なんて優しいのぉ(T▽T)

経過報告

まだ初めて1週間ちょいなので、「結果報告」ではなく「経過報告」にしておきますね。

☆ゲームは1日1時間
1時間毎日してもいいというルールに変えてから確かに満足度が向上したと思います。
「いえ~い!今日もゲームがでっきるぅ♪」と踊りながら喜ぶから、それはそれは嬉しいんでしょう(笑)
それに、習い事の関係で時間がなくてできなくなった時でも、以前なら「え~っ、なんでな~ん!」って泣いていたのが、「分かってるよ~。出来なくてもいいよ。」って言ってくれるようになってます。
少しでも毎日できるから1日くらいできなくっても平気ってことなのかな?

☆必ずやるべきことを先にする


これも効果ありです。
学校から帰ったらまずアイス!というのは変わりませんが(笑)その後すぐに宿題をするようになりました。
宿題をする=机にランドセルを持って行くし、三男もまだすぐにってわけではありませんが、「あれれ?リュック片付いてないけどゲームできるんかなぁ?」と自分で片づけるようになりました。
長男はお友達と約束して帰ってきたときはやっぱりそっちが優先で、ランドセルはそのままに遊びに出かけてしまうので、まだそこは改善できずです。

☆3人で計画を立てる
これは1時間という短い時間の間に、3人で平等にどうゲームを回していくかを自分たちで話し合うということです。
決めてなかったらまた喧嘩なのでそれを避けるために、そして、時間をうまく使えるように自分たちで考えることって大切だなと思ってやってもらってます。
「オレは長い針が3のところまで●●をやるから、それから変わるからね!」
「じゃあ、オレはそれまで〇〇をやっておくね。」
「じゃあ、ボクも2Pで一緒にやらせて!」など、「おいおい、その時間設定ちょっとずるくないかい?」って突っ込みたくなることもあるけど、まあ3人で考えたことだから~と見守っています。
時間のことで揉めたらジャンケン大会して決めたりしています。
まぁ、「次男がボクを待ってくれんかったぁ~」とかゲーム中のトラブルはまだあるけど。。。

☆時間が来たらすぐに止めよう!


これもいい感じにできてます~。
時々守れない子もいるんだけど、それでも大体は「は~いっ!」って言ってすぐに電源を切るようになりました!
なんて進歩!
でもこれはコツがあって、時間が来たら声をかけるんじゃなくて、「10分前だよ~!」「5分前だよ~!」と2回くらい声を事前にかけておくこと。
これだけで終わる準備を心の中でもしているみたい!

☆なるべく「ゲーム」=「学習時間」
ゲームを1時間するのなら、学習も同じ1時間しなはれ!というルール。
まぁ、長男は学校の宿題&習い事の宿題をしていたらほぼ1時間は机に向かっている感じなのでまあ出来ているのかな。
次男はまだ学校の宿題が少ないので、習い事の宿題を足しても1時間には届かず。
でも、TVをつけることもなく、三男と遊んでいい子に待っていてくれるのでよしとしてます。
三男も、お兄ちゃんたちが宿題をしている間も「早くゲームしたい~!」と愚図ることもなく遊んでくれているのでOK!
殆ど遊ばなくなっていた積み木なんかでまた遊ぶようになったり、いい感じですよ♪

☆パパのお休みの日はゲーム以外で遊ぼう!
今まではパパがお休みの日はゲームが出来る日だったので、段々とお出かけよりもゲームしたいって気持ちの方が大きくなっていた子どもたち。
パパも、子どもたちとゲームをすることもあるけど、つまんなくなったら寝ちゃうんだよね。。。
家族で過ごす時間なんて特に男の子は限られているのに、これじゃああかん!と思って、このルールを設定。
なるべく公園に行ったり、お出かけを優先するようにしています。

先週の日曜日は夏を先取りして海で遊んできました♪
「帰ったらゲームできるぅ?」というお決まりの台詞もなくなってきたよ☆

☆他にもいい効果が!


お片付けに関して、今回ルールに入れるのをすっかり忘れていたんだけど、何故だか自然にゲームを1時間した後は何も言わなくてもキレイにお部屋を片付けてくれるようになりました。
特に次男と三男が、競いながら片づけてる感じ(笑)
ゲームの後じゃなくても、お手伝いを積極的にするようになった次男と三男。
三男は気付いた時に玄関の靴を揃えるようになって、最大限に褒めるとめっちゃ満足気です(笑)

 

まとめ

まだ始めたばかりで運動系の効果はさっぱり分かりませんが、生活面が改善されていい方向に行ってるんじゃないかなって思います。
守ってなければ「あれ?ゲーム没収になるな。。。」と脅しが入るのはどうかと思いますが、まぁ、本人たちも楽しんでやっているようだし、このまま続けてます♪
今日は小学校の体力テストの日。
もうちょっと早くゲームが運動能力向上に効果あるって知っていればなぁ。。。

読んでくれてありがとうございました(⋈◍>◡<◍)。✧♡
ランキングに参加しています♪
ポチッと押してくれたら励みになります☆
にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

 - 子育て, 気になること , , ,