男の子育児の愚痴ですが。。。生き物のお世話って難しい!

      2017/06/07

ご訪問ありがとうございます♪
KANAPYONです☆

今日はちょこっと愚痴が入ってしまいますが、お付き合いよろしくお願いします(;´∀`)

幼稚園や小学校低学年から中学年くらいまでの男の子って、何でもかんでも生き物を捕まえてきませんか?
高学年になっても捕まえてくるのだろうか。。。
特に春は生き物たちが活動を始めるので要注意な季節なのです!!

バッタ、チョウチョ、テントウ虫、カマキリ。。。
正直私は虫というものが大の苦手。
捕まえてくるたびにヒョエ~(><)絶対家い入れちゃダメよ!!と念を押し。
テントウ虫くらいは平気なんだけど。
でもどうしても飼いたいと言って、渋々我が家の中にまで入ってきた生き物たち。
それなのに世話をせんとはどーいうことじゃ!!

今まで飼ってきた生き物たち↓

カタツムリ

1年生のとき、小学校の教室で飼っていたカタツムリの赤ちゃん。
夏休み前に小学校ではお世話できないから家でお世話するためにもらって帰ってきました。
後から聞いたら逃がせばよかったみたいなのに、「先生にお世話するように言われた!」って言って仕方なく飼うことに。。。
2、3日は霧吹きで水をあげたりエサの野菜をあげたりしていたけど、気付けば全部母ちゃんの仕事に(-_-メ)
お世話ができないなら連れて帰ってこないでよねってご立腹。
そして自然へ返しました~。

メダカ

町内のメダカすくいに参加してゲット!
この子たちも2、3日で飽きられてしまい、エサやり、水替えは私の仕事に。。。
お外で飼うようにしてからは大きなカメで飼うようにしたので、掃除、水替えはパパの仕事に。
いつの間にか全滅していたぁΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン

カブトムシ

もうこれは我が家には2、3年いるのではなかろうか。。。
その姿は成虫から卵が生まれ、幼虫、蛹、そしてまた成虫へ。
カブトムシなんて最初は1シーズンだけなのかと思っていたよ。
それが成虫がいなくなってマットを捨てようと思ったらいくつも卵を発見してしまい、そんなの見てしまったら捨てられないじゃないかぁ(T▽T)
これまた子どもたちは時々変化していく姿を見るくらいでマットを変えたり水で湿らせたりといった作業もせず。。。
ほんまにほんまになんで私がぁ!
大大大っ嫌いだから手で触ることもできないので割りばしで成虫や幼虫と格闘していましたが、ようやく全滅(スミマセン)としたと思っていたのにまた小学校から3匹くらい貰って帰ってきて。。。
そしたら今現在こんなことに(T▽T)

閲覧注意!!

これでも10匹、お友達にあげたので少なくなったほうです。。。
この数にこのケースは絶対に狭いのですが、もう蛹になる準備をしている独特の音がするので触れません。。。
誰か助けてぇ(;▽;)

カナヘビ

ヘビではないよ♪
トカゲちゃんです。
幼稚園のときから長男はカナヘビを手懐ける?のが上手で、指で撫でてやると居眠りしちゃうくらいリラックスする。
数年前、大きな公園からどうしてもって言って持ち帰り、でも飼えないよと言ってお庭に放してあげてから、毎年この時期になると赤ちゃんがひょっこり出てくるようになりました。
庭に出れば絶対にいるんだからお家で飼う必要ないって言ったのに、去年どうしてもお家の中で飼いたいといい、仕方なく赤ちゃんを飼ったけど、このこたちのエサといったら蜘蛛、アブラムシ、蛾、コオロギ等々(T▽T)
最初は長男も一生懸命捕まえてたけどやっぱり3日坊主。。。
私と旦那くん、夜になると飛んでくる蛾とか、日中飛んでくる蝶々や蜘蛛なんかを捕まえるのが日課に。。。
苦手な私はもう限界だ!と思っていた矢先、カナヘビ同氏が共食いしてしまうという悲惨な結果に(T▽T)
カナヘビって、よく見るととっても可愛い顔してて、私も赤ちゃんなら触れるようになっていたので、流石に涙が出ました。

ミシシッピニオイガメ

元々、子どもたちの「ペットを飼いたい!」という願望があるのは知っています。
実家にいるワンコのお散歩を小さい頃よくじぃじについてしていたし、お友達のお家で飼っているワンコのお散歩もやりたがったり、抱っこしたがったりして、「欲しいなぁ」っていうオーラムンムン出してますから。

でも、実家で飼っていてお世話が大変だということも知っているし、いつかお別れする日が来るということが私には耐えられないんです。
立ち直るのに時間がかかる。。。
カナヘビちゃんでも涙が出たし。
だから去年どうしてもペットを飼いたいという長男と飼うことを決めたのは人間より長く生きるはずのカメ(笑)
最初は陸ガメが欲しいって言っていた長男だけど、ものすご~く大きくなって、一部屋カメちゃんのために使わないといけなくなるので無理!
水ガメも大きくなると聞いていたので、その中でも大人になっても小さいサイズのミシシッピニオイガメを選んで、お誕生日にじぃじが飼ってくれました♪

流石の長男も、このカメには思い入れがあるらしく、自分で名前を「TARU」と決め、忘れることもあるけれどエサも自分であげています。
水槽洗ったり、水替えはパパの仕事になっているけど。。。
やっぱりエサをあげると懐いて、水槽を覗くと一生懸命寄ってくるので可愛いみたい。
寝るときも「TARU、おやすみ(⋈◍>◡<◍)。✧♡」って言って寝ます。
TARUとカナヘビの赤ちゃん、慣れたらこんな感じ(笑)


そんなTARU。
飼い始めた頃は小さすぎてまだ男の子か女の子か分からなかったんだけど。。。
男の子だということが発覚!!
ええ、カメだって立派なものを持っているんですよ、奥さん。
初めて見た時は病気になったのかと思ったわ!!
勉強になります(笑)

おたまじゃくし

春休みにお友達とBBQをしたときに、川で捕まえてきたおたまはん。
ほんまに大量で30匹以上はいるんじゃないかと。。。
毎日TARUと同じカメフードを食べていたら後ろ足が生えた!
で、よくよくネットで調べてみると、前足も生えて尻尾が短くなってきたら陸地を作ってあげなきゃ溺れると書いてある。。。
そうか。。。
カエルになるんだもんねぇ。
エラ呼吸から肺呼吸になるもんねぇ。。。
跳ねるようになるよねぇ。。。Σ( ̄ロ ̄lll)
ヤバい!このままだと気づいたら部屋の中にピョンピョンカエルが!!と思い、昨日水替えと一緒に蓋付き水槽に足の生えている子を移動させました。
よく見ると1匹だけ前足も生えてた!!
セーフセーフ!!

と思っていたら、今朝、前足生えている子がひっくり返って天に召されている(T▽T)
なんで?なんで?
子どもたちからは「水槽変えたからだ!水変えたからだ!!」と責められ悲しい気持ちに。。。
ネットで見ると、人間が触ると体温で死んでしまうとか、網ですくうだけでも死んでしまうからコップなどですくって直接触らないようにと書いてある。。。
私、網ですくっちゃった。
てか、いつも私が水替えするときは網ですくってる。

だって子どもたちは素手ですくって触りまくってペットボトルに入れて帰ってきたんでっせ!?
それから1匹も今まで死ななかったのに???

生き物を育てるって難しいですね。
で、何故私がお世話をしなきゃいけないんでしょうねぇ。。。
そして天に召されたら責められ。
納得がいきません(-“-)
これ以上死なせてしまったら可哀想やし、GW中に自然に返してあげようと思います!!

愚痴に付き合ってくれてありがとうございましたm(__)m

 

読んでくれてありがとうございます(⋈◍>◡<◍)。✧♡
にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

 - 日記, 未分類 , , , , ,