習い事どうしてる?習い事のメリットデメリットと男女別人気の習い事BEST5

   

こんばんは♪
KANAPYONです☆

4月に入り、いよいよ新学期も目前ですね~。
新生活が始まるとともに我が家で見直したことの1つに習い事があります。
今日から次男は小学校1年生になるってことで、長男が入っている体操(スポ少)に入団しました♪

長男は毎日何かの習い事が入っていたのを、スイミングを2日→1日に減らし、サッカーを止め、テニスを増やしても週2日はフリーの日にしてお友達と遊べるように変えました。

次男も同じように変更して、体操&テニスを増やしても週3日フリーの日にできるように予定を組みなおし。

2人ともキツキツだった習い事を少し緩めに、お友達との関わりもきちんと取れるように。

三男はスイミングのみ。テニス一緒にやろうよ~って言っても「しんどいからやらな~い」って(笑)
三男らしいです(n▽n;)

うちの息子たち(長男、次男)の習い事(辞めたものも含める)は、スポーツだとスイミング、サッカー、テニス、お勉強系だと英語、算盤、通信教育でチャレンジ。

体験のみだとダンス、バスケットボール。

次男は4月からローカルながら少しだけキッズモデルとタレント活動的なことをすることになり、時々ですがダンスのレッスンが入ります。
そのレッスンの中でも挨拶とか礼儀とか、レッスンのたびに教えてくれるのでありがたいな~と思っています。

前置きが長くなってしまったけど、今日のテーマは習い事です。

小さい頃から習い事をするメリット、デメリットとは?

私が子どもの頃は、幼稚園の時なんか何も習っていなくて、野山を駆け回って遊びほうけていました(笑)
小学校に入ってからピアノ、高学年くらい?に硬筆&習字、6年生で学習塾を習い始めました。
でも最近の子どもたちは早い子では0歳から幼児教室に通っていたり、幼稚園児ではほとんどの子どもが何か習い事をしている時代です。
では、小さい頃から習い事をするメリット、デメリットって何があるのでしょうか?

メリット

脳が活性化する機会が増える

子どもは褒められたり、新しいことができるようになると脳を活性化させるドーパミンが分泌されるそう!
勿論保育園生活、幼稚園生活だけでも脳は活性化しますが、習い事で新しいことに何かチャレンジする機会を作ってあげることで脳をより活性化させる機会が増えるので脳の成長に期待ができるそうですよ!

色々な世界を経験することができる

幼い子どもたちは、家族や保育園、幼稚園といった小さな世界しか知りません。
しかし、習い事をすることで全く違った色々な世界を見ることができます。
その中で失敗して悔しさを学んだり、成功して自信につなげたり、さまざまな経験をすることができます。

運動不足や不器用さんを解消できる!

現代の子どもたちは、昔の子どもたちと比べて運動不足、不器用な子が増えていると言えます。
昔の子どもは学校が終わると外で駆け回り、縄跳びしたり、鬼ごっこをしたり、サッカーだって習わなくても遊びの中で覚えたりしました。
手先の器用さにおいても、あやとりやお手玉などいろんな遊びの中で学ぶことができていたと思います。
しかし現代は外で安心して遊ぶことができなかったり、ゲームに夢中になったりと、どうしてもお家の中で過ごす子どもが増えています。
習い事でスポーツを取り入れたり、ピアノや習字と言った手先を使うものを取り入れることで日頃の運動不足や不器用さを解消することが期待できます。

デメリット

お友達と遊ぶ時間が減る

これはヒシヒシと私が感じたことでした。
うちの場合、まずはいいなと思った習い事を体験させてからやるかやらないか決めています。
しかし、うちの長男は何でもかんでも「やりたい!」と言う子であっという間に習い事でスケジュールがパンパンに。。。
やりたいと言うものはやらせてやりたいと思っていたけれど、これでは学校から帰ってからお友達と遊ぶ時間がない(><)
小さい頃は、お友達のとの関わりもとても大切で、お友達と遊ぶことによって、協調性が生まれたり、ときにはぶつかって心や体の痛みを知ったり、人と人との繋がりを学ぶ大切な時期です。
これではダメだと思い、今回子どもの意見を聞きながら習い事を減らしたり組み合わせることによってフリーな時間を作り、お友達と遊ぶ時間が作れるようにしました。

寝るのが遅くなることも

習い事によっては、少し遅い時間になることもあり、そんなときは夕食やお風呂、寝る支度が遅くなってしまい朝、スッキリ起きれない日もあります。
こればっかりはその習い事によって違うのでどうにもならないのですが、母親である私の工夫でなんとかするしかないのかな。。。

家族との時間が少なくなる

土曜日や日曜日の習い事も増えてきています。
すると折角の休日に家族とお出かけする時間が少なくなってしまうことも。
うちの場合、主人は土日関係のない仕事なのでこの点はあまり気にしていないのですが、一応お出かけできる日も作れるように土曜日のテニスに関しては、お値段的にもお安くて、お休みも連絡のいらない割りと自由なところを選びました。
1ヶ月行かないって決めたら月謝もいらないというとっても緩~い習い事でありがたいです。
まだ習い始めたばかりなので今はこれでいいのですが、もし今後真剣に取り組みたいと思えば、試合ができるコースや、選手育成コースなんかもあり自由にチェンジできるので安心です。

 

幼児期から学童期に習わせたい習い事BEST5

新学期に入る節目に、お子さんに何か習い事をさせたいなと考えているママも多いのではないでしょうか?
そこで男女別に人気の習い事BEST5をまとめてみました。

男の子に人気の習い事BEST5

1位 スイミング

2位 英会話

3位 サッカー

4位 学習塾 幼児教室

5位 体操

女の子に人気の習い事BEST5

1位 ピアノ・リトミックなど音楽教室

2位 スイミング

3位 英会話

4位 習字

5位 バレエ

男の子にはスポーツ系が人気

やっぱり男の子にはスポーツをさせたい!というママが多いのでしょうか。
BEST5の中にスイミング、サッカー、体操とスポーツの習い事が3つも入っています。
実際私も3人の男の子のママですが、やっぱりスポーツ万能な子に育てたいなっていう気持ちもあり、スイミング、サッカーや体操、テニスなど習わせています。
残念ながらサッカーはうちの長男には合っていないのかなと思い、今回から辞めてみることにしました。
団体戦よりも個人で頑張るスポーツの方が向いているのかなと親目線からですが思うところがあり、それは間違っているかもしれないけれど、とりあえずサッカーはお休みして、テニスに切り替えてみたところです。

女の子には音楽系の習い事やバレエなどが人気

女の子に習わせたい!または習わせている習い事でダントツで多いのはやっぱりピアノ!
うちの子どもが通っている幼稚園ではバイオリンを年中さんの3学期から発表会に向けて習うのですが、そのまま続けて習わせたいというママも多いです。
また、5位に入っているバレエも人気!
可愛い衣装を着て小さい子が踊るのは微笑ましいですよね~。
どちらかと言えば、自分のやりたかったこと、自分の憧れで習わせているというママもいるのではないでしょうか?

男女ともスイミング&英会話は根強い人気

スイミングも英会話も、男女変わらず根強い人気です。
スイミングに関しては幼稚園でもプールはありますし、小学校では体育の授業で水泳があります。
やはり全く泳げないまま体育で初めて水泳をやるよりも、少しは水に慣れておいてから始めるほうが苦労しないのではないかと思うママが多いようです。
また、風邪を引きにくくなるなどの健康の面から考えてもスイミングは良いとされているので人気が高いのかなと思います。

英会話に関しては、小学校5年生から英語の授業が必修化したこと、幼い頃から英語に触れていたほうがスムーズに英語が頭に入ってくることが理由のようです。

子どもの気持ちを大切に

小さい頃の習い事は、まだ私たち親が習わせたいものを選ぶと思います。
中には本当は嫌々通っている子もいれば、本当に習いたいことが他にあるっていうお子さんもいるかもしれません。
私が大切にしていることは、まずは何でも体験させてみるということ。
体験なら無料(ここ大切!笑)だし、興味を示さなければ習わせなければいいだけ。
まずは数回体験してみて、習いたいと子どもが思ったものは習わせてみることにしています。

長男は先程も話した通り、何でもかんでもやりたいタイプなのでちょっと困ったちゃんなのですが、やりたいと言ったものはとりあえず習わせて様子を見るようにしています。

継続することが大切だとは思うのですが、まだ小さい時は得手不得手、自分に何が向いているかなんて最初は分からないのでやってみてダメだと思ったものはやめてもいいと思っています。
自分にあったもの、本当にやりたいと思ったものを自分で見つけることができたらいいなと思っているので。。。

そんなことを言いながら、私は長男の意志に逆らって今回はサッカーを止めることにしてしまいました。
原因は前にも書いた「チック症」です。

本人はやりたいと言うけれど、もともとスポーツが苦手な長男は中でもサッカーが苦手なようでした。
「苦手だから上手になりたいんだ!」ってすごく立派なことを言うんだけど、本人も気付かないうちに体が拒否反応を起こしているのか、サッカーのある日はチックは激しくなり、サッカー中も病院に行ったほうがいいのかなって思うくらい頻繁に症状が出ていました。
コーチにも指摘されて、とても気にしてくださっていたのですが、今回「ちょっとお休みしてみよう」と言う感じでやめてみることにしました。

これがよかったのか悪かったのかは私には分かりません。
でも、チックが落ち着いて「やっぱりサッカーやりたいな」って本人が思うのならまた始めてもいいし、そのうちにもっと熱中できるものに出会えるかもしれないし、なるべく子どもの気持ちを大切にしていきたいなと思っています。
にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

 - 子育て , , , ,