忘れん坊な子どもたち☆忘れ物をしないための工夫

   

ご訪問ありがとうございます(⋈◍>◡<◍)。✧♡
KANAPYONです☆

数日間熱でやられておりました。。。
そして久々に喘息の発作!
持っていた吸入を吸い込んだら手の震えが止まらなくて焦った(><)
薬が私の体にはきつすぎたみたいで、小児用の張り薬に変えてくれました♪
もう、年なんですかね(涙)

さて、久々に何を書こうかな~と思ってたんですが、この前ママ友とこの話題が出たので!
「忘れ物」についてです♪

どうする?忘れ物が多い子どもの予防策

みなさんのお子さんは忘れ物ってしますか?
我が家も以前は多かったんです。
やっと送り出したと思ったら机の上に給食袋が~(><)とか。
でも最近は本当に少なくなりました。
自分なりにちょこっと意識するようになったのかな~なんて思っています。

忘れ物癖を治すために今までやってきた工夫をご紹介します♪

自分で準備しやすい環境作り

子どもの準備、きちんと自分でやらせていますか?
我が家は年少さんの頃から、なるべくリュックの中身は自分で準備させるようにしています。
子どもそれぞれに引き出しを決めて、ハンカチ、ティッシュ、移動ポケット、名札など、毎日使う物の定位置を決めておきます。
定位置が決まっていれば、自分で準備するときに、「ママ~、ハンカチは~?」とか聞かれることもないので楽ちんですよ♪

準備したものを置く場所を決めておく

これも幼稚園の頃にやっていたことです。
お弁当と水筒の準備が出来たらまず赤いテーブルの上にまとめて置いておきます。


子どもたちは子ども手帳を使って朝起きたら準備をすすめていきます。
お弁当やコップ袋など必要なものを自分でリュックに詰め込んで準備できたら、水筒と一緒に玄関先に置いてある自分専用のカゴに入れておきます。


ここがポイント!
幼稚園や学校に行くとき、このカゴを空っぽにしたら忘れ物はない!
そういう準備をさせるようにします。
慌てている時でも、必要なものがカゴにあるのでパパっとリュック背負って出発進行!
最近はこのカゴは撤去していて、小学生組は学習机の椅子の下にランドセルとその他持って行くものを定位置に決め、幼稚園の3男はそのまま赤いテーブルにリュックと水筒を置くと決めているので何も問題ありませんよ~。

その他の準備物は?

いつも持って行くものは定位置を決めておけば自分で準備、忘れ物もしないようにできます。
でも時々ありますよね。
「牛乳パックを持ってきてください」とか、「空き箱を持ってきて下さい。」などなど。。。
そういう日は前日に準備してもうカゴに入れておけばOK!
小学生は時間割の準備を前日にするからランドセルを学習机の椅子の下にセットしたら、ランドセルの上に次の日必要なものをポンと置いておきます。
出発するときは椅子の下が空っぽになればOK!!

忘れ物に気付いた!持って行く?持って行かない?

子どもが忘れ物をしていることに気付いたら学校や幼稚園に持って行きますか?
幼稚園の頃は、持って行ってたなぁ。。。
なんか自分だけ忘れて泣いている顔を想像すると可哀想になってしまって(笑)

でも小学生になったら自分で「忘れた→困った」ということを自覚してほしいので、殆ど持って行きません。
稀に物によっては持って行くときもありますが。。。
自分だけじゃなく、クラスのみんなが困るものなどは持って行くかな。

忘れ物をする理由

きっと子どもは子どもなりに忘れ物をしてはいけないということは分かっているんだと思います。
でもなかなか忘れ物が減らないお子さんもいますよね?
どうして忘れ物をしちゃうんでしょうね?

何でも先にママが準備してしまう

自分で準備させたほうがいいってママも分かってはいるんだけど、どうしても登校時間が迫ってくるとついついママが準備してしまう。
そんな方もいると思います。
でもこれは自分でやろう!といった意欲や忘れ物をしないようにしなくちゃという意識を薄れさせてしまっているような気がしませんか?
どうせやらなければ、ママがやってくれる!って思ってしまいますよ~。

注意力がまだない

うちの次男がまだそうなのですが、先生が「明日〇〇持ってきてね」などと言われたことを連絡帳に書くのを忘れてしまったりします。
まだ小さいうちは注意力が散漫なんでしょうね。
そもそも持って行くものが分からないんだから親も知らない間に忘れ物をしてしまい、先生に注意されてしまいます。
そこで「忘れ物をして困る」という経験をして、先生の話を集中して聞いたり、忘れ物をしないようにしようと思うことで次第に忘れ物が減っていくと思います。

忘れっぽい性格

忘れ物をしないようにしなくちゃ!と慎重な子もいればそうでない子もいますよね。
忘れっぽい性格の子は、いろんなことに興味を持ってそれにどんどん目移りしてしまう傾向にあるので約束事を忘れてしまうことも。

物の場所が決まっていない

やっぱり物の場所が分かっていないと忘れ物をしやすい傾向にあると思います。
定位置が決まっていないから、机の上にポイって置いたり、あちこちに置いてしまうので、「あれ?どこだっけ?」となってしまう。
もしも物の定位置が決まっていないなら、お子さんと一緒に必要な物をしまう場所をきちんと決めてみてくださいね。

 まとめ

いかがでしたか?
忘れ物ってなかなか治らない子もいるけど、子どもが準備しやすい環境作りをママがちょこっと作ってあげるだけでも違うかもしれませんよ?
朝の支度ってママも忙しいからイライラしがちだけど、だからこそ自分で忘れ物をしないように準備してもらうように工夫してみましょ!

 

読んでくれてありがとうございました(⋈◍>◡<◍)。✧♡

ランキングに参加しています♪
ポチッとしてくれたら励みになります☆

にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

 - 子育て, 気になること , , ,